トップページ > 乳酸菌生産エキスとは

乳酸菌生産エキスは、腸内フローラに直接アプローチするバイオジェニクスです

乳酸菌生産エキスとは何か

乳酸菌が腸内で活動している際に生産される、乳酸菌生産エキスについて解説します。
乳酸菌生産物質とも呼ばれ、元々は善玉菌と呼ばれる私たちの腸内菌が日々作り出している成分です。

プレバイオティクス・プロバイオティクス・バイオジェニクス

腸内フローラと免疫機能に関する研究が進む一方で、腸内の善玉菌を増やす働きのある成分を食品として腸内に送り、 善玉菌を増やそうという発想が生まれました。
その結果、様々な機能をもった食品がプレバイオティクス(オリゴ糖や食物繊維など)や プロバイオティクス(乳酸菌飲料やビフィズス菌など生きた善玉菌を含んだヨーグルトなど) として販売されるようになり、乳酸菌ブームが到来しました。
しかし、現在腸内に棲(す)んでいる善玉菌を増やそうという発想には、いくつかの疑問や問題点が指摘されています。

  • ● 乳酸菌を飲んでも腸で働くとは限らない
  • ● 加齢に伴い老化した、自分の善玉菌を増やすことに意味があるのか疑問
  • ● 自分固有の腸内細菌を、他人の菌で補うことはできない
  • ● 乳酸菌を飲んでお通じが変化するのは、異物の排泄のためではないか
  • ● 腸や免疫システムが求めるものは他にある

そこで、これらの問題点を払拭するようなアイテムが誕生しました。
腸内細菌が私達の健康をコントロールしている働きに着目し、善玉菌の数だけを補うのではなく、 腸管付近の免疫関連機構に直接働きかけて、善玉菌と同様の働きをすると考えられているのが バイオジェニクスと呼ばれるジャンルの製品です。

バイオジェニクスは、プロバイオティクスやプレバイオティクスなど、 腸内の善玉菌の数を増やそうという発想と異なり、 直接的に免疫機構に影響を与えバックアップしようという考えに基づいた、第三のアイテムです。このバイオジェニクスの代表選手が乳酸菌生産エキスです。 乳酸菌生産エキスは、乳酸菌など善玉菌と呼ばれる腸内細菌が腸内で増殖する際に、菌が放出した成分をエキスとして集めた成分です。

私たちの腸の壁には、腸内細菌という生き物そのものを認識し、免疫機構にシグナルを送るという仕組みがあります。
一方、腸内細菌が放出する代謝物と呼ばれる、乳酸菌生産エキスのような成分が腸の壁から吸収されることによって、直接的に免疫機構を動かしていることも知られています。 乳酸菌を飲んで腸の壁からシグナルを送ろうとしても、自分以外の菌は排除される可能性が高いのですが、乳酸菌の代謝物(生産エキス)ならば、 菌そのものではないので排除されることはなく吸収されることが期待できます。



乳酸菌エキスを高濃度配合、回輝源100。WEB会員登録でサンプルプレゼントキャンペーン中

ページトップへ